bridlenのblog

靴のメーカーがファクトリーの精度で クライアントからのオーダーも無いのに 自分勝手な発想と企画で 従来の流通では世に出せなかった 高品質と低価格な靴作りに取り組む様子をお伝えします。

カテゴリ: 過去のサンプル・開発

 太古の^^サンプルです。 これは実物が片足、残っていました^^
DSCN0598
こちらも イメージはバスケットボールを解体して
DSCN0597
でも・・ やはり実際はこちらも、靴用の革に バスケットボールの型押しをして
各パーツに ロゴを印刷したもので 実物のボールの素材ではありません^^:

ハイカットもありました
DSCN0599

DSCN0607
残っていた サンプルを撮影しました
DSCN0608

どちらもスペイン生産でした ウケは良かったのですが・・
かなり手が込んでいて(と 言うか 拘り過ぎで)・・中国の大量生産プライスとはいかず 

結果 売れませんでした^^:

もちろんアイデアは、自社のパテントです・・

整理をしていたら 昔(10年以上前)に作った 面白い靴の資料が出てきたのでご紹介します^^

ベースボール・シューズ?とでも 言いましょうか^^:
ギミックシューズ? コミカルシューズです
DSCN0600
製品として 少し販売したような・・もう かなり前なので 記憶が曖昧です・・
DSCN0602
コンセプトは・・ 野球の硬式ボールを解体して
DSCN0603
アッパーを作り
DSCN0601
って・・ 実は これ 野球ボールの解体は、あくまでもイメージで、 
実際は靴用の革を野球のボールの質感に似せて、
 更に それっぽく各パーツにロゴまで印刷して作ってあります^^

 パーツを縫合している縫い方は 野球ボールと同様の縫い方でハンドステッチです
DSCN0604
ハイカットもありました。 

野球のボールらしく見せて なんぼですから、 色は白のみでした^^

DSCN0605
アウトソール(底材)はこんな感じでした

このシリーズ バスケットボールもあったんですよ! それはまた 後日にお見せします^^

↑このページのトップヘ