bridlenのblog

靴のメーカーがファクトリーの精度で クライアントからのオーダーも無いのに 自分勝手な発想と企画で 従来の流通では世に出せなかった 高品質と低価格な靴作りに取り組む様子をお伝えします。

カテゴリ: その他

BRIDLEN HP 開設にあたって

すでにご注文お買い上げ頂いた 皆様には、この場を借りて

スタッフ一同、心より お礼を申し上げます。

本当に どうもありがとうございました!

並びに

初回は 在庫点数が少なく 御迷惑をお掛けしておりますこと 

本当に 申し訳ございません

HPで在庫無しと 表示が有るものも 近日中に入荷予定になっています

是非 HP内、お問い合わせフォームから どんなことでも 

御気軽にお問い合わせ頂ければ

誠心誠意 お応え、対応させて頂きたいと 思っております!

このモデルのこんなところが 見たい 聞きたいなど

どんどん 御質問頂けると 幸いです

皆様からの お問い合わせ スタッフ一同 楽しみにお待ちしております^^

どうぞ宜しくお願い致します。
 



大変長らくお待たせしましたが

いよいよ 4月14日より 
販売を開始させて頂ける 予定になりました


ので いち早く 告知をさせて頂きます^^

今まで 当ブログを通じて

関心を寄せて頂いていた 方々には なかなか 販売スタートの告知が出来なかったこと

本当に本当に申し訳ありませんでした。


そして

今後、始まる 弊社には、まだ不慣れな WEBでの販売で

お客様には 御迷惑をお掛けすることも 多々有るとは思いますが

 スタッフ一同 心をこめて 対応をさせて頂くつもりでおります。


どうか 皆様のご指導 今後とも 宜しくお願い致します。


BRIDLEN  HPのアドレスはこちらになります。

http://bridlen.jp


今回は 靴ではない BRIDLENの商品のご紹介です

革カバーのメモパッドです

DSCN2121
ちなみに ↑のモノは メンズ カスタムラインの革と基本同じ
ヴィンテージタイプの ダークブラウンカラー


基本 BRIDLENの靴と 同じ革で製作しました
DSCN2119

DSCN2133

剥ぎやステッチの無い シンプルな作りで メモ帳はリングタイプのB5です

中は
DSCN2132
こんな感じです

くるっと ゴム紐で 留めるタイプで 葉書とかちょっとした紙類を挟むのに便利です

裏は
DSCN2514



各革の 表情は
DSCN2127
↑は カスタムラインの革と基本同じタイプの  ヴィンテージタイプのオイルドレザー
ダークブラウンカラー
DSCN2128
メンズカスタムラインの ヴィンテージタイプの革と同じもので
 ブラウンカラー
DSCN2129
↑は グレーのオイルヌバック
・・この革使った 靴 無いですね ^^:
DSCN2130
↑は バケッタ(ベンス)です これはメンズクラッシクの
合い床に使用している素材です カラーはナチュラル

DSCN2509
DSCN2510
アクセントの ビーズは ブロンズか アンティークビーズです


 革紐 一本で メモ帳を挟むように 留めています
(ちなみに 写真は自分が使っているものなので^^ 革紐ではなく コットンレースです)
DSCN2515
表側の処理は
DSCN2517

リングパッドを使用しているのですが その訳は
DSCN2513
ペンがリングの中に納まります

ここ↓です
DSCN2512
ペンは↓の FRIXON BALL SLIM(消せるタイプのボールペン)が
DSCN2518
ピッタリ入ります^^

このペン 都合が良いのが クリップではなく ↓の様に
ストラップを付けるタイプなんです
DSCN2551

僕はこんな風に レースを付けて 収納したペンが取り出しやすいのと

更に ゴム紐に挟んで落ちないようにして使っています^^

ペンは 付いていません><・・ ごめんなさい 
DSCN2126


販売が まだ確定では無いのですが・・

¥1500(税抜きで) くらいで 考えています
販促と思って ほぼコストです^^

メモ帳自体は 販売価格を出来るだけ安く設定する為に 安価な物です・・

紙質が 気になる方は お好みのメモ帳にチェンジ! 紐を解いて 簡単に付け替えられる仕様です

ここ↓解くだけです^^
DSCN2516

文庫本のカバーにもなると思いますよ^^

革カバーの ステンショナリー って 厚手で 良い革のものって 

あっても すっごく高いんですよね・・

前回は ビブラム・ドットポイントのソールについて
その 完成度の話など 主観を 少しお話しましたので

ちょっと 裏話的な ソールに関わるその他の仕事も
ここで お見せします

ソールの完成度に 意識が向くのは他社製のソールを使うだけではなく
自社でも いくつかの開発製作監修をしているからなんです

これは 今 インドの工場でサンプル製作に入っている
フランス軍の底材の イメージデザインなんです^^
vidal2
1

vidal_heel3
vidal_heel


こんな風に図面からイメージを起こして

この様に サンプルになっていきます

DSCN2204

大まかなデザインだけではなく
ゴムの肌目や 各、エッヂ部分の精度 反り 等 細かなディテールを 
この段階でチェックしたりします
DSCN2206
DSCN2205

こういう 仕事もしているせいで

ラバーメーカーの 仕事ぶりには とても関心が高いです^^

私のラバーに 対する関心は 特に
単純に高度な成形技術による完成度だけではなく

人工物にも拘わらず 自然物の革のように ラバーにも 

味わい 雰囲気 というものが有るところです

それは質感や量感 色や素材感で
これがまた 革同様に 奥深いんです^^:

ちなみに こちらは 同じくインドで生産・監修している
英国軍の靴です^^

この底 かっこいいです

もう 何十年変わらず採用しているソールで

無骨な大柄なデザインでありながら まとまりの良さは
あっぱれ 英国デザイン と言った感じです

靴になった時点で マッケイ縫いの溝に 特殊シリコンで水止めしているところが
ワイルドで 好きです^^
DSCN1919


靴はこんな感じです

革が 単なるコーティングのガラスタイプではなく 
ウルグアイ産の フルグレインにフィキシングをした 高級原皮(ヨーロッパ原皮より高い)です

裏は 軍靴でありながら カーフライニングです

軍の仕様は マット調で納品ですが 回転ブラシで磨くと ビカビカのツヤまで出ます
DSCN1917

この 英国軍の靴って 靴として(ファッション的に)独特な魅力があって
 今のカジュアル・コーデに 合いやすいんですよね^^

 軍靴が 流行で 今、ちょっと来ている というのもありますが・・

赤羽のワークブーツでは主張が強すぎ
でも それに代わる靴が無いと 感じてた方々 多いと思うんです

ノーズやトゥ先は オデコでも極端エッグでもなくて
やっぱ 本物って感じの 大人な野暮さがあるんです!

プレーントゥは こんな感じ
DSCN1918


実は ちょっと ビジネス上の特権で 転売禁止(シリアルナンバー付ですから^^:)のこちらの靴を
少量、分けてもらい 今回、こちらで販売しています

価格は ¥8000~¥10000のようです (¥1 スタートもあるとか・・)

ご興味あったら 是非是非 チェックしてみて下さい
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/tiendalibre1962

ジャンク中縞 (これ うちの会社のオークション担当部長の名前です^^:) でも 検索出来ますよ
 
オマエ商売してるのか!  と突っ込まれそうですが・・

商売染みて無い 価格なので ここでも、ご紹介なんです^^:


この靴 ほんとレアで かっこよくて 良い靴なんです
(私としては BRIDLEN買って欲しいのですが^^:)

BRIDLEN製作に あったている ルーリッジさんのお二人も
最近 毎日、履いて頂いている 底材のプロで オシャレなルーリッジさんに気に入られる逸品です^^

↓ 圧着の達人 大園氏+英国軍靴ストレートチップ ツヤ出して履いてます^^
DSCN2362

履き心地 コーデ 素材のレベル
どれを取っても 単に英国軍と言う 付加価値以外にも パフォーマンスの高い靴です
  
 今日は・・話がだいぶ  逸れました・・^^:


逸れ ついでに さらに

PS/  今回の ジャンク中縞の オークション何気に見ていたら

ありました! レア物^^

英国軍衛兵のブーツ+フランス軍 旧ラバーソール
(今回、御紹介した仏軍の原型ソール)

両国本物を 独断?勝手に^^:合体させちゃった スペシャルモノです 25.5センチ相当です
 
そしてGY(グッドイヤー)です
DSCN2418

DSCN2422
 
PC画面撮影したので・・ よく見たい方は こちらのページにGO!してください
DSCN2424
 
過去に自分が履きたいから 7足だけ 作ったものです^^

¥15000ついてました・・ありえないですジャンクさん  悲しい・・::

BOQのサイトに BRIDLEN HP が掲載されている件につきまして


急遽ご連絡をさせて頂きます


WEBページは現在公開にむけ 決済機能 等 最後のテストをしている段階で、

正式公開及び販売は 今月末を予定しております。

WEBでの販売は少々お待ちいただけますようお願いいたします。

販売開始の告知に関しましては

かならず こちらのBRIDLENメイン・ブログにて

いち早く 御報告させて頂きます。


あらためて 皆様の 御関心に深く深く 感謝いたします。



↑このページのトップヘ