bridlenのblog

靴のメーカーがファクトリーの精度で クライアントからのオーダーも無いのに 自分勝手な発想と企画で 従来の流通では世に出せなかった 高品質と低価格な靴作りに取り組む様子をお伝えします。

カテゴリ: レディースシューズ

少し前に 掲載した イタリア製のカウファー・ポニープリント
(略してモーモープリント^^)


DSCN2105

 ルーリッジさんがミクロピラソール(メリータイプのラバートップ&リフト)を
付けてくれたので あらためてご紹介します

以前掲載した時点(付ける前)は こんな感じで
DSCN2110

付けると こんな感じです 
DSCN2333
DSCN2331

この ミクロピラソールは BRIDLENで採用している
ラバーソールの中では 唯一の国産ラバーです

当初はビブラムを採用する予定だったのですが・・

ミクロピラに決定した理由は

まず 厚みです ビブラムは1ミリ厚しかく ミクロピラが2ミリ厚 倍の厚みです
 そして 何よりの懸念が・・

底周り担当の ルーリッジさんからのアドバイスで
あくまでも ルーリッジさんの経験上 

ラバーに含まれる 油脂が出やすいためか 剥がれに対する 耐久性が
ビブラムより、ミクロピラの方が 剥がれにくいとの理由からです 

DSCN2332

DSCN2334

ちょっと拡大して 
DSCN2337

よく見ると スモールダイヤのモールドです

DSCN2338

ヒールリフトの印象です
DSCN2336

ヒールリフトだけで 前はレザーのまま も アリかな ということで

DSCN2335

アンライニング+ミクロピラ のシリーズは

前後、ミクロピラ装着の場合 レディースで¥14000(税抜き) 
メンズで¥15000(税抜き)

ヒールリフトのみ装着(前はレザーベンズ)のままの場合 レディースで¥13000(税抜き)
メンズで¥14000(税抜き)

といった 2オプションの 価格設定になっています


ちょっと アンライニング シリーズ全体の話になっちゃいましたが

ミクロピラを付ける ビフォー&アフターの 良い例でも、あったので・・


また ミクロピラの色も選んで頂けます^^ 
たかがラバートップですが・・

色の選び方で ちょっと 気持ち的に オリジナルになったり 

靴の印象が変化すること このサンプルでもお分かり頂けたらと思います。



こちらの モーモーは まだサンプル段階で 商品ではありません><

尚 BRIDLENのサンプルは 先日 御紹介した

ジャンク中縞の ヤフオクで出るかも知れません^^
(たまに ジャンクさん 私も知らないうちに さらっと レア サンプル出してるみたいなので^^: )

そういう 美味しい? 話もここで 私の知る限りは 告知しますね



この開発サンプルの進行状況も是非公開したかったんですよね

ありがちですが・・オリジナリティーは

ポップで軽い底に+マニッシュでクラッシクなカラーのアッパー
そして360度中底にマッケイ縫い施した本格的な作り

DSCN1848
底材のカラーは3色 ソールデザインはスモール・ダイヤのシンプルなものに統一しました
DSCN1849
オレンジと黄色 グリーン なんか ハロウィンみたいです・・^^:
DSCN1850

上から見ると あまり主張していません
DSCN1846

サイドビューです
DSCN1844
DSCN1843

アッパーの革が この段階ではまだ完成していなかったので・・

水シボのせいでザラ付き感があるのと・・アンティークの色味に欠けます・・
この革 もともととても良いグレインレザー(銀付き革)なので
現在は見違えるように 良くなっています!

アンライニングほど インパクトが無い企画なので・・
まだ 販売に至るかどうかは 検討中ですが

個人的には 軽くて コーデにもスパイスの効く可愛い靴なので
売ってみたいな~ と考えていますが・・

どうでしょうかね?? 

さて今回は、アンライニングのデザインが なぜ現在採用している 一型なのか・・
その理由を ちょっとイメージして頂く為の ボツになったアンライニング企画の記事です

あるクライアントさんに BRIDLENのアンライニングを見て
関心を持って頂き 作成したサンプルなのですが・・

アンライニングと言えば 本家おフランスのバレーシューズが
もちろん有名ですよね^^

で その本家の採用している ワンピース デザインで
ソールは ゴム板のペッタンこ・・等々
色と素材もお客様のチョイスで

基本 真似っこで作ってみたのですが・・上手くいきませんでした^^:
クライアントさん ごめんなさい・・
DSCN1841
素材は上下 シュリンクのグレインレレザーです
本家の革は・・厚みの薄い かなりワイルドなコーティングタイプの銀付きです
正直 値段からは・・想像出来ないグレードです::
(あくまでも主観なので お許し下さい><) 
DSCN1567

ボルドー色は 起毛素材(ヌバックやスエード)なら映えるのですが
銀付きシュリンクでは・・高齢者向けのシューズっぽく・・
DSCN1853
アッパーの時点では そんなに悪くないのですが(↓)
DSCN1583
まとめると・・こうなっちゃいます・・
DSCN1855
サイドからです
ワンピースの場合 2.2ミリ以上の革でも 木型を抜いた時の 痩せをかなり心配していましたが
どうにか・・ というところです
DSCN1856
底です
DSCN1842
底材に関しても BRIDRENの革底+ラバーと比較すると
暑さ3ミリのゴム板は 返りこそは 格段に良いのですが・・
実用では 小石や段差などによる突き上げ感がかなりあって・・ロングユースにはキツイと思いました

DSCN1569
ワンピースだと木型の印象も メリハリが無くみえてしまします・・
DSCN1568
この トーフ色は 唯一、よく見えました

結論としては ワンピースだとかなりラフなイメージで まんまカジュアルになってしまうこと
レディースは起毛の様な 素材によっては このデザインも ありと感じましたが
メンズは・・ 主観ですが 正直??という感じです

で 思ったことが やはり現在のプレーントゥーデザインの
マッチングが良いという事です^^
DSCN1391

DSCN1285

秋向けに アンライニングのチャッカータイプとかは 現在企画中です!
形になってきたら またUPしますね

今日も続いて アンライニング紹介ですが 開発サンプルです

イタリアの靴用ファーのプリントでは ここしか無いというくらい有名なタンナーの革で
ここの技術の素晴らしいところは 柄の部分が毛の下まで綺麗に染まっているということです。
プリントの理由は 天然柄だと靴には大きすぎる為 更に 比較的に同じ柄の印象のものを量産できる為です

それを モーモー柄のアンライニングにしてみました^^
DSCN2105
茶色の印象が強いもの 白の印象が強いものと・・
細かく考えると・・量産頭痛いですが どちらも好印象なので
BRIDLENとしては ありかなと思います。
DSCN2113 - コピー

プリント部分の色見もナチュラルっぽくて可愛いです
DSCN2112
 アップでどうぞ
DSCN2115 - コピー
ワンコ? っぽいですか^^:
DSCN2111

サイドビューです
DSCN2107
ウエスタンなかんじも・・・

DSCN2116
ヒップです
DSCN2118 - コピー
ステッチが埋まらない 毛を縛らない等・・
以外に難しいんです

底を付けると
DSCN2110
DSCN2109
こんな感じです
革底とのマッチングは良いですね~

これに 日本でミクロピアのラバメリーソールとトップリフトが付きます
やっぱりキャラメル色のラバーが合いますかね^^
DSCN2108
革積み上げの 色・質感が好印象です

これ 革の在庫があまり無いので・・販売するとしても
超限定です・・天然色の馬毛皮でも 今度作ろうと思っています
それは たぶんモーモーではなく 単色になります

余談ですが ファー・アンライニングの身内の受けは 可愛い♪ と とても評判が良かったです^^

先日 マウンテンタイプカジュアルでロイヤルブルー・ヌバック
商品をご紹介しましたが メンズ&レディースのアンライニングでも同様に
商品化したので 御紹介したいとお思います。

DSCN1810
 
アンライニングの記事は今までに何度か書きましたが
まさに ENJOY LEATHER!! がコンセプトです

質の良い革の表情 タッチを楽しんでもらう為の靴です

唯一の ウィークポイントは 靴下への色移行です・・
色によっては 靴下が染まります

一般のマーケットでアンライニングが懸念される 理由はこれにつきます

でも 革の風合いを 肌で感じられる靴というコンセプトには
色移行に目を瞑っても そのことに勝る 圧倒的な魅力が有ります!
DSCN1581

アッパーの作りは 裏無し(ライニング無し)
靴の形も 張り感も 革本来の表現力だけです
つまり ごまかしの効かない作りとも 言えます

DSCN1817
木型は トゥーは きれいなエッグ でも かなり大人っぽい落ち着いた厚みと幅です

DSCN1757
 ちょい 斜めから見ると こんなかんじです

DSCN1814

ヌバックの毛足は まさにピーチスキンの様

DSCN1816
 メリータイプのミクロピアソール(革底に2ミリ厚ラバーを貼り付け)
を お好みの色で貼り付けする 仕様です

赤を付けてみましたが シックな色のラバーもいいかもです^^

価格はメンズで¥15000税抜き
レディースで¥14000税抜きになります。
 
この アンライニングの ラインは当初からの価格のイメージに上手くはまってくれました^^

カラー+素材(シュリンク、ヌバック、スエード)は レディースで11色 メンズで8色を予定しています

初期ロットはこちらも 各色、各サイズ1足くらいですので・・
お見逃し無く!

この価格帯で このグレードの革(ヌバックとシボ革は西ドイツ原皮)は 
たぶん有り得ない! と自負しているほど 上質な革の靴ですよ


↑このページのトップヘ