bridlenのblog

靴のメーカーがファクトリーの精度で クライアントからのオーダーも無いのに 自分勝手な発想と企画で 従来の流通では世に出せなかった 高品質と低価格な靴作りに取り組む様子をお伝えします。

2015年03月

前回 ルーリッジさんにお邪魔した際に

笠原さんの 拘り ソール&ヒール・コレクションの一部を

見せて頂いたので それを今回はご紹介しますね^^

DSCN2345
DSCN2346


レアは こちら↓
DSCN2347

これは レアだよ! って 見せて頂いたのが この

ビルとライトのヒールリフトです

デッドストック物で もちろん 非売品だそうです
DSCN2348

箱入りというところが  まさに オタク (あ 失礼^^:)
DSCN2351

カナダで作られていたようです

裏面も 味 雰囲気があります

そしてビルトライトのソール(上)

アメリカ軍底 年代物です(下)
DSCN2349

ビルトライト・ソールの裏側です

ワイヤーコード(ファイバー)が練り込まれているのが 分かります

これは ワークブーツ系のハードな使用を意識した物なんでしょうね
DSCN2353

社名ロゴ ちょっとあまいモールドの精度にも いい意味で 年代を感じます
DSCN2358

下は店内に飾ってあった ビブラム・タンクのキーホルダー

こんな お茶目なアイテムも ルーリッジさんぽいです
DSCN2355

こちらは ルーリッジさん レザーソール色見本

小さく抜いたソールのプレゼンも さることながら

この色味 なかなかのものです
DSCN2354

是非 拘った修理やさんに 愛靴のリペアを任せたい!

と 言う方は 是非 ルーリッジ九品仏店に 行ってみては如何でしょうか^^

既存商品が 販売前なのに・・

あまり新しい物を 紹介するな! と・・会社に突っ込まれても
 
BRIDLEN 新商品の開発 ガンガン紹介しちゃいます!!

マット・エンボス型押し革の コインローファーです

DSCN2225

初期プロトタイプのサンプルです

DSCN2234

このローファー木型 ノーズの長さ トゥの丸み

 個人的には満足している出来です^^
 
この素材にも合っています!
DSCN2226

黄 でも 赤でも 印象 ぶれません!

DSCN2237



DSCN2235

ディテールに入ります

まずは トゥのチェック

DSCN2239
DSCN2238
 
この革は スプリットレザー(床革)に高度なコーティング技術で
細かいドットエンボスを施してあります
(パンチングではないんです!)
 
DSCN2232

実物の赤の色は↓に近いです
DSCN2229
 
非常に丈夫な表面処理で 水や汚れにも強いです

この革は メキシコの有名ベンズメーカーが ソール用のベンズを取った
残りの床材を この様にアッパーに加工をしているんですね

ですから単なる床材にあらず ベンズの床材というところがミソで
ベンズ用の革は非常に ファイバー(繊維層)がコンパクトなんです

さらに このコーティングの技術はどこでも出来るものではなく
コール藩さん^^:も 別タイプの ここのコーティング素材を使っています

アスティコ社のラバーインジェクション革 同様に
こちらも どこでも出来るわけではない 高度でオリジナルな革 技術です
もちろん 高級素材ですよ^^

何より そのマットな質感と 色味が
まさに 他には無い一品素材です


DSCN2228

後ろからのビューです
DSCN2236
DSCN2230

今回 底は 軍底にも配合している高級ラバー素材を 使用した
 自社ドットポイント(ナイトレイル NITRILE素材)
を装着しあります

ラバーソール 合います^^
DSCN2266
DSCN2268

販売時点には 底の仕様や 細かな変更点はあるとお思います

少し前に 掲載した イタリア製のカウファー・ポニープリント
(略してモーモープリント^^)


DSCN2105

 ルーリッジさんがミクロピラソール(メリータイプのラバートップ&リフト)を
付けてくれたので あらためてご紹介します

以前掲載した時点(付ける前)は こんな感じで
DSCN2110

付けると こんな感じです 
DSCN2333
DSCN2331

この ミクロピラソールは BRIDLENで採用している
ラバーソールの中では 唯一の国産ラバーです

当初はビブラムを採用する予定だったのですが・・

ミクロピラに決定した理由は

まず 厚みです ビブラムは1ミリ厚しかく ミクロピラが2ミリ厚 倍の厚みです
 そして 何よりの懸念が・・

底周り担当の ルーリッジさんからのアドバイスで
あくまでも ルーリッジさんの経験上 

ラバーに含まれる 油脂が出やすいためか 剥がれに対する 耐久性が
ビブラムより、ミクロピラの方が 剥がれにくいとの理由からです 

DSCN2332

DSCN2334

ちょっと拡大して 
DSCN2337

よく見ると スモールダイヤのモールドです

DSCN2338

ヒールリフトの印象です
DSCN2336

ヒールリフトだけで 前はレザーのまま も アリかな ということで

DSCN2335

アンライニング+ミクロピラ のシリーズは

前後、ミクロピラ装着の場合 レディースで¥14000(税抜き) 
メンズで¥15000(税抜き)

ヒールリフトのみ装着(前はレザーベンズ)のままの場合 レディースで¥13000(税抜き)
メンズで¥14000(税抜き)

といった 2オプションの 価格設定になっています


ちょっと アンライニング シリーズ全体の話になっちゃいましたが

ミクロピラを付ける ビフォー&アフターの 良い例でも、あったので・・


また ミクロピラの色も選んで頂けます^^ 
たかがラバートップですが・・

色の選び方で ちょっと 気持ち的に オリジナルになったり 

靴の印象が変化すること このサンプルでもお分かり頂けたらと思います。



こちらの モーモーは まだサンプル段階で 商品ではありません><

尚 BRIDLENのサンプルは 先日 御紹介した

ジャンク中縞の ヤフオクで出るかも知れません^^
(たまに ジャンクさん 私も知らないうちに さらっと レア サンプル出してるみたいなので^^: )

そういう 美味しい? 話もここで 私の知る限りは 告知しますね





桜の季節



毎年この頃になると 思うのですが



桜の花は  いや桜に限らず 花っていうのは



見る者が 温かい気持ちになれる 癒される 

そういう 美しい表情を

 

  まったく平等に 分け隔たり無く 見る者全てに 与えてくれます

花の表情は 


例えるなら 愛おしい人の 微笑みの様に 

気持ちを 一瞬で温かくしてしまう様な



そんな 美しい表情です

L7040146


その美しさを 特別な相手にではなく 見る者全てに対し与えてくれます

 

惜しみなく 微笑み 癒してくれます




・・聖母でもなければ 出着ない事かも知れません



だから 花の美しさは 特別なのだと



 毎年この時期に そんなことを思いかえします



桜に限らず 花の話ですが 



  でも この時期に特別に 花を思うのは

 桜が気付かせてくれているからでしょうか



自分も


自分の作る靴も



ほんの少しでいいから


花の様に


 分け隔たり無く 誰かを 温かい気持ちに出来たら・・


自分にとって



桜の季節は そんなことを思う 季節です



 



 


 


 


 



 



 


 




 


 


 



 



 



 

前回の ダービープレーンのサンプルを

ルーリッジさんに持ち込んで底周りの トリミング(スクワリング)をしてもらいました

今回のサンプル・プロセスは ルーリッジ回ということです^^

ちょっと ルーリッジさんの説明から

DSCN2366

ルーリッジさんの 本業は靴修理です!

ですが 率直に言います 合鍵を作っている 合間に 靴の修理もしている・・

といった ありがちな 修理屋さんでは 決して無く

海外メーカーをも 唸らせる 技と熱意の 修理やさん なんです!

BRIDLENも単に 底付け目的で 協業しているのではなく

ルーリッジさんでしか出せない 味と技にこそ

BRIDLENの価値有り! と 考えているからです

DSCN2395
ルーリッジさんの 作業台です このラバー・・ 底付け屋の証です^^

奥では この前も掲載させて頂いた

圧着&底決め の達人 大園さんです 雰囲気出てます^^
DSCN2363

DSCN2364

ちょうどこの時は 大園氏 BRIDLENの カスタムラインの圧着とコバ決めをして頂いてました


そして トリミング & 底周りの 監修 仕上げ担当は 責任者の笠原師匠です^^

こだわりと その熱意は 70歳の頑固職人にも 引けを取りません
DSCN2373

笠原さんは 靴 ソールに 自分流の拘りがあり お話をしていると 本当、勉強になります  

DSCN2368
笠原さん ご自慢の WAXです

では もう一つの本題 今回は このサンプルのコバを 仕上て貰いました

DSCN2316

滑らかに バフを変えながら スクワリングしていきます

DSCN2374

DSCN2376

段階的に ヒール周りから 見てください

これが
DSCN2386
こうなって
DSCN2399
 
最後は ピカピカです!

コバの色にも 艶が出ました^^
 
DSCN2403

トゥです 

DSCN2412

更に 拡大して

DSCN2413

綺麗です^^

引き立て役の コバも ルーリッジさんにかかると 主人公になるのが・・

流石です!

↑このページのトップヘ