bridlenのblog

靴のメーカーがファクトリーの精度で クライアントからのオーダーも無いのに 自分勝手な発想と企画で 従来の流通では世に出せなかった 高品質と低価格な靴作りに取り組む様子をお伝えします。

2014年10月


前回 ご紹介した英国軍オフィサーのレディースシューズ(写真下)

DSCN1486

この靴に ポップでライトな発砲ラバー底を付けてみました!

 実は この企画は メッセージを頂いた方から ご提案を頂き
発想したものです^^ この場を借りて あらためて どうもありがとうございます♪

GM製法に採用してある 合床タイプのウエルトに練りコルクを仕込んで
見た目もオリジナルの軍靴より コロッとグッドっぽくなる様にしてあります。

メンズGMクラシック同様に180度マッケイ縫いです
DSCN1481
ヒールをつけると こんな感じです
DSCN1553

取り敢えず今回は 構想用のスケッチ的なサンプルなので
のオリジナル同様にフイリップのラバートップにメリーソールを装着

黒とポップカラーのコントラストが 意外とシャープで可愛いんですよね^^
DSCN1561
DSCN1555



スタッフさんに履いて頂きました
DSCN1546
中敷に全面 スペイン製の墨入り低反発素材
ポロ・マックスを使用したので 気持が良いとのことでした♪

DSCN1551
女性スタッフの足がサンプルサイズより小さいので・・
靴が少し大きくみえてしまいます^^:

片足300グラム程度なので革靴にしては 充分ライトだと思います

この企画は カラー底がポイントなのですが

一つ問題なのは・・

コバのトリミングの後 コバをカラーリングする際
 色の薄いラバー部分にインクのはみ出しの問題があることです

故に 合床の素材を 革ではなく特殊な発砲系素材に変更予定です
合床の構造も メンズGMクラシックに近いものにします。
DSCN1564
でもって こんな感じのヒール付き発砲ゴム底を装着しようかと・・

オリジナルのビブラムを付けようかとも考えたのですが 色が・・無いです><

更に ヒール別体のものも まだ検討中で 決めかねています・・

どちらもここで サンプルが出来たらご紹介しますネ^^

ラバーの色は スポーツ系の マスタード・オレンジ・ライムグリーンの3色を 今 焼いてもらっています

アッパーは 写真の革ではなく もう少しクラストなグレインレザーでクラシックに行きます
色はブラックとダークブラウンとブラウンの3色で考えています。

  



インドの工場でで10年ほど 生産を手掛けている英国軍のオフィサー(ホワイトカラー)向けの
レディースシューズです


DSCN1486
DSCN1438
羽の部分に丸みがある パターンで些細なとこですが 
トラッドでありながらオリジナルで可愛いです^^
DSCN1444
木型はオデコじゃない セミスクエア
いかにも英国木型という感じで 良い意味 軍モノ し過ぎてません
DSCN1445
カラーは黒だけです
DSCN1443

アッパーは 1.6ミリのかなり高級な原皮を使用してます
もちろん英国軍の指定の限定革で ウルグアイでなめした特殊なルートの革です

仕上はブラシでツヤを出すタイプです ブラッシング後は
いい感じのガラスタイプになります

今回 特権でBRIDLENオンライン用のクラシックにも使っています^^

DSCN1488
底材は マッケイを施した 革底に フィリップのラバートップに メリーソールです
押し縁 ウエルトは使わず ベンズにそのままアタッチする製法です

サイズは各サイズSMLの幅対応があってかなりのサイズ展開です


DSCN1484
 練りコルクもしっかり入っています
DSCN1449
コバは張り出さず 攻め込んだトリミング
DSCN1448

今回も検品来た軍の出張者と一緒でした
彼とは20年以上のお付き合いです^^
DSCN1434

英国軍の生産管理は現在 自社のビジネスではないのですが・・ 
英国軍向けのグッドを作っていた時代からのお付き合いなので 
生産時の品質管理は 今も自分がお手伝いをしてあげています。

英国軍はとくに スペックの管理が 厳密です^^:
DSCN1490
ヒールは40ミリ ウエルトが無いので 見た目が ちょい華奢で レディースっぽい感じです
DSCN1491
これが 英国軍靴用のタグです

えと・・ 今回 この英国軍レディースをご紹介したのには 実は訳があって^^

この靴を ちょっとポップでライトでイージーな感じ? に 
BRIDLEN仕様として アレンジしてしまおうかと思っています

まだ アイデア段階というか プロトですが
それも追ってご 次回、紹介したく 今回の記事を載せました
 

久々に 経過のご報告です

・・まだこの段階かよと 自分で突っ込みたくなるくらい

もう何回 各サイズの圧着テスト 発砲底部分のモールド変更 発砲ゴムの材質の変更調整をしたことか
てこずりました・・><

でも! ジリジリ進んで 今月やっと本生産入ります^^

早く 自分でも履きたい靴の一つです
DSCN1517
アッパーもヌバックとスエードの伸び方が違う為・・トゥーのUの部分の開き具合が安定せず
紙型変更も かなり沢山しました・・
DSCN1527
今回 初公開のマンゴーイエローのスエード 可愛いです♪
DSCN1525
ビターオレンジはヌバックです
DSCN1531
機械で吊り込んでから さらに下の爪部分は 開いて手で吊り込み直しをします

アステコ社の ラバーインジェクションの革(トゥーの黒い部分)は
革とは言え ラバーコーティングなので 剥くと切れやすく 機械の吊り込みでは
大シワが取りきれずと ・・結局吊り込みには 職人技の対応が要ります
DSCN1535

DSCN1533
DSCN1534
アッパーの裏と表は 別々に吊り込む手法は維持しています

各サイズ 6ハーフから9インチまで またまた製作して確認です
DSCN1522

これが最後の生産設計になることを祈りつつ・・

台車の下に転がる 過去の残骸達です><・・もったいない
DSCN1523

今回のサンプルは 底材を付けるので 付いたら 
また お見せしたいと思います

アイル ビー バック・・という感じです^^:

久しぶりに ゆる~~い話題も ワンコです^^

元ストリート系ワンコのバッキー 元気です 今年でもう3年になります

相変わらず・・ ちょっと おバカ顔です^^:
DSCN1507 - コピー
現在 軍団は彼と奥さんのミック 最初の娘のスンディー 2ndリーダーのジャック(♂他人)
二回目の息子のジュニア と三回目の娘テディーの5匹です

奥さんのミッキー くっきりとした珍しいブリンドル(虎柄)で 性格美人です^^
DSCN1505 - コピー
今一番小さい 生後3ヶ月の娘テディー おてんばちゃんです
このときは 一匹しか生まれなかったので育ちがいいです^^
DSCN1511 - コピー
お母さん似です

今までの その他の子達は 貰われたり 死んでしまったり・・::

オスは大きくなるとテリトリーを探して 独立していったりしました

ただただ 元気で生きていることを祈ります。
DSCN1099
ワンコ達のご飯です 鶏の脚と頭^^:


これ ヘナという植物を使って手に書く 縁起物?のハンドペイントです
DSCN1501 - コピー
左が 上の写真に写っている女の子(サップナーちゃん)の手 右が自分の手^^:です
DSCN1499 - コピー
普通 インドでは男性はハンドペイントをしないのですが・・ 書いてくれました^^
一生懸命に書き書き♪  

 しかも上手いです
DSCN1500 - コピー
生命樹をモチーフにした柄だと聞きました 
確かにペイズリー柄に似ていて これが起源だったのかと 気がつきました!

書いてくれてるのは1週間以上ももつ ヘナの葉のインクではなく ペンなので・・
安心しました^^:

日曜日は早く工場も終わるので ワンコの世話をしてくれている
工場のセキュリティーの家族のところに遊びに寄るのも
インド滞在の 今では定番スケジュールです^^

ワンコたち 子供達と 遊んで♪ とても癒される時間です^^

彼らは4人家族で お父さんお母さんお姉ちゃん妹 +ワンコたちです
暮らしは質素で貧しいですが いつも遊びに行くと 心尽くしの夕飯をご馳走してくれます
DSCN1516
この日の献立は 干し肉のマサラ和え右上 卵焼き左上
ペッパーチキン下 とチャパティー これらを包んで食べるもの)
DSCN1115

DSCN1454
干し肉の材料は牛とヤギ肉で 昼間は外に 夜は部屋で吊るして作ります 
DSCN1453
干し肉は 一度ボイルして更にフライしてから料理をします
このままでも食べられますが・・味が肉の味しかしません
DSCN1452
メインは インドでマギーと呼ばれている(MAGGY社のインスタントラーメンだから?)
汁無しのインスタントラーメン マサラ味?です
美味しいです^^
DSCN1116
妹のサップナー左(10歳)とお姉ちゃんのビップナー右(13歳)です^^

チャパティーにおかずを包んで いちいち食べさせてくれます^^:

気が引けてしょうがないのですが・・ネパールの習慣だそうで・・
一人で食べさせてくれません ・・口まで 次々運ばれ まさにワンコ状態です^^:


ネパール人のこの家族は とても素朴で純粋です
 
経済的には余裕が無い暮らしでも とても幸せそうです ・・生まれてきた子犬が 死んだときには
 お父さんも 家族全員 泣いていました::

心優しい 人達やワンコたちに会う時 心が洗われると同時に
 自分の無力さに 多々痛みを感じます・・


本日・・昨日の夜でした インドから無事帰国しました

さて 前回お見せした レディースのアンライニングコンセプト
そのままメンズにした 靴の試作が進行したので 少しここで、ご紹介したいと思います

DSCN1540

木型は イメージを変えたくなかったので まずレディースの木型を
メンズ用に変換しました モデリストによる多少の
手直しは必要と思いますが いい感じなのでイメージはこの感じを維持するつもりです

DSCN1518

レディース同様アンライニングです^^
ベンズ革のカウンター 革の先芯といった仕様も同様です
 
DSCN1519

頭は トーラスターで 力を掛けずに 吊り込んで
サイドは手で吊り込みです
レディースより革の面積が多いい分 裏が無い為、革が伸びやすく・・微妙な調整が結構難しいです
DSCN1537

DSCN1538

DSCN1536

頭(トゥー)の部分に 先芯のインプレッション(ライン)が出ないかチェックです
DSCN1541

底材は メンズも革にラバーのヒールトップとメリーソールを装着予定です
ヒールは 革の積み上げです!

DSCN1539
DSCN1545

春夏に 是非 素足で体感して頂きたいですね^^

出来れば ペアで♪

素材と色は トウフとブラックのシュリンク(レディースと同じ)

スエードは このチリレッドとマンゴーイエロー(レディースと同じ)

ヌバックは スミレとオレンジ(レディースと同じ)

を予定してます^^

ラバー装着後 またご紹介したいとお思います

↑このページのトップヘ