前回の 続きです^^

実は 今回も タイトルを書くときに・・ちょっと 悩んじゃうんですよね

NEWコンセプト・・??って まったく曖昧で  いかんのですが・・  この開発のコンセプトを一言で

表現出来る ジャンルというか 製法というかが ・・見つからないんです><

自分の考える 今日的な靴 これから履きたい靴をイメージすると・・ 



コーディネイト(ファッション)的な面からは = オン・オフのスタイルを靴が決めつかけない 

軽い・柔らかい = コンフォートなデザイン・表現では無く

独創・独自性の面は = シンプルだけど クラス感を維持できる 素材の良さ
(いい刺身は わさびだけで頂きたい ・・みたいな 素材のチョイスと料理の仕方)

価格的には =昭和の カローラやセイコーみたいなイメージの値段
(日本製品の信用を世界に築いた 低価格=高品質がイメージ)

etc//

↓は どれも セミ・アンライニングな上記のコンセプトに由来する 開発サンプル達です
DSCN2314
DSCN2315
DSCN2271
DSCN2804


これから来る 新しいニーズを 上記の様に イメージすると きりがないのですが・・

まさに 靴に拘っていた人も 行き着く、 落ち着ける、普段着な靴

が 作りたいんですよね^^

前置きが 長くなってしまいましたけど・・ ゆえに こんな開発をしている

ということで やっと^^: 前回の続きです

DSCN2808
口周りは 裁断面のエッヂを綺麗に見せたいので パンチングからスムースに戻しました
DSCN2836

ライニングは 素材も、取り付け方も ふんわりです

↓が  ライニングをアッパーにふんわりとめる糊を噴射する機械のノズルです
DSCN2762
DSCN2837
↑ 糊スプレー後は 糊が付いていないように見えるくらい 糊が点状に薄く均一に 塗布されています
DSCN2840
表から見ると ちゃんと 緩い感じが 保てて居ます
DSCN2842
DSCN2841

このコンセプトの靴を作る上での ハードルは なんと言っても 

原皮の柔らかさを生かすため 部材を少なくシンプルに作ると 靴の形が崩れやすい

しっかり、かっちり作ると 形は出るけど シワが残り易く 原皮の風合いも損なわれる

この表裏な相反する長所を いかに共存させるかが  難しいミッションです・・


底が付いていませんが アッパーを 釣り込んだものを使って

柔らかさや、シワの出方、 革の風合いが生きているかのチェックです
DSCN2791
グニャっと 曲げて
DSCN2792
いい感じです! シュガーリンク(小シワ)は アンライニングを100%としたら
こちらは 90%以上は 復元できてる感じです

DSCN2794
↑↓の写真は さっきのシワの部分です
DSCN2799

普通の作りのドレスのアッパー(左)と 今回のサンプル(右)の グニャした後の 復元性の比較です
DSCN2796
 DSCN2797
 底材が付いていないので ・・ま ちょっと 普通タイプのシワの残り方が 大袈裟ですが^^:

これが うだうだと拘って 書いている ひとつの 目に見える違い、根拠なんです^^


この折れシワの違い見て 天然の素材の強みを生かせれば 

 革の先天的な性質(復元性)って 凄い!!! って思えませんか?

また 開発が進んで靴になったら 是非ご覧に入れたいです^^

うだうだに お付き合い ありがとうございました!