はじめに このブログの目的について お話します。

 26年前からスペインの靴メーカーとして活動をしています(本家のブランド名は別ブランドです)。 ここではその、お家芸であるグッドイヤー製法以外の靴を中心に紹介していくつもりです。 されどグッドイヤーメーカーとして培ってきた視点や経験を元に 自分が作って売りたかった靴 実現したかったプライスを、 実行するための過程をご紹介させていただきます。

 平ったく言えば 工作レベルではない。インダストリーレベルの機械技術や、匠の技 企業力による良質な素材の確保 それらを背景に まさにファクトリーの精度で クライアントからのオーダーも無いのに 自分勝手な発想と企画で商品と価格作りに取り組みます。

 『本物の靴工場を自由に使って 勝手に好きな靴作っちゃえ!』

 役得で少量こんな靴作って こんな価格で売っちゃいます! ということのお知らせブログにしていきたいと考えています。
 
 価格に関しての補足を付ければ 革靴は雑貨の中でも特にコストが高く プロが本当に高品質だと思う靴を安く売ることは 靴のマーケットではまだ ほとんど実現されていないことだと思います。
 小売店がメーカーから仕入れてネットや直営店で販売しているケースでは(流通コストの簡素化だけでは)価格を下げる事に限界があります。 同時に商品の内容を上げることを考えれば尚更、無理なことです。
 メーカーが直接広め販売する以外にはびっくりするような 内容と価格の実現は難しいと思います。 更に言えば、それは個人規模のような小さいメーカーであっても 今度は素材や手間(生産性の低さ)等の理由から 原価コストそのものが高くなりがちで やはりドリームプライスの実現は難しいです。

 ちょっと 説明が口説くなりましたが あえて 自分達が消費者と生産者どちらも満たされ報われる、今後の理想のあり方、繋がり方を目指して 靴作りと価格作りに今更ながら 専業(メーカー)として 手探りで取り組む作業に少しでも関心を持っていただければ嬉しいです!
 

 


 本格的カントリーのトリプルCOMMANDOソール



 現在試作中のカントリータイプのサンプルのご紹介をします。

DSC_0832
 これはトリプルソールのカントリーです 日本の靴職人さん達とのコラボで 底材COMANNDOやリジウエイ、ビブラムと言った高級ブランドソールが付く予定です!
DSC_0833
 アッパーの素材は 素上げ調カーフのグレインレザー(カントリータイプの型押し)と写真のWモンクはコードバン調のプルアップレザー(オイルドレザー)の2種類で考えています 
DSC_0837
 コバが大変美しいのが特徴で その為、敢えてウィール(コバの飾り車、ギザ)は掛けていません!

 さて 問題の販売に関してですが 従来の百貨店チャンネル(卸販売)では…コスト的に無理です。
ヒールの積み上げや、合床に2枚もベンズを使用していること アウトソールは海外の高級ブランドソールを使用して さらに厚物Wのダシ縫いでまとめていること等々。
更に中には練りコルクを仕込んである本格派!(中がどうなっているかは後日公開しますね。)

でもこれを作りたかった理由は、このクオリティーを見て、触った人が 思いっきり想像を裏切られる価格での販売がしたい!!!  ここに尽きます。

 後日、数固体(笑)出来てから販売を開始します 価格もその際公表します!興味のある方は是非期待してくださいね!